ももとすいか

日常諸々、写真の話・・云々   Since 2015 10 15

春は、まだ来なかった・・

昨日の予報では、今日あたりから天気も良く暖かくなるって言ってたのに・・一日寒い曇りだった。

まぁ昨日よりはマシ・・だったけど、天気は昨日より悪かった。で・・いつもの8km歩いてきたっ!

 

今日は・・昨日着荷したレンズの試写!  曇ってるして、鳥撮るには200mmでは短いし・・

ってことで、E-M5/G100-300 と K-S1/DA50-200 の2台持ちで出かけた。が、鳥さんの出は相変わらず

悪い。 なので、K-S1/DA50-200だけで良かった感じ(''◇'')ゞ  で、試写・・先ずは、お花から。 

ズームレンズなので焦点距離を色々使って・・とはせず何故かテレ端しかも開放ばかりで撮影(汗)

f:id:momotosuika:20160316172825j:plain

f:id:momotosuika:20160316172837j:plain

f:id:momotosuika:20160316172854j:plain

鳥さん・・やはり200mmでは、遠い。で、近距離だけ・・ なので鳥が居ても、300mmなら撮れるのに

200mmだから遠いくて撮れないっていう機会損失が発生する。 作例は、ジョウビタキエナガコゲラ

f:id:momotosuika:20160316173055j:plain

f:id:momotosuika:20160316173130j:plain

f:id:momotosuika:20160316173145j:plain

smc PENTAX-DA 50-200mm F4-5.6 ED WR / K-S1

f:id:momotosuika:20160316174434j:plain

一般的にAFの精度が維持されるのは、300mmで15m 200mmで10mとか・・ 実際、鳥撮りはその半分

300mmで7~8m 200mmなら5~6m でないと小さな鳥さんは 精度よくピンが出せないし、それ以上遠いと

ブレの影響も出てくる。 上の鳥の作例は、皆 3~5m程度の近距離で撮影したものなのでトリミングしても

まぁまぁの解像している。 これ以上遠くなると、ピンが上手く出ず解像しない画像になってしまう。

近い被写体なら、このレンズでも十分良い画を出せる。 ただ、解像力は値段相応という感じだけど(笑)